top of page
  • h-tadokoro

実は梅雨が大好きです(空調講座:前編)

更新日:7月9日

こんにちは、

TOCORONの田所浩樹です!



先週の6月21日(金)は「夏至」でしたね



会う人会う人に、「今日は夏至です」と何回も伝えてました笑



昔から梅雨時って意外と好きなんですよね



この季節は子供の頃から大好きだった紫陽花が咲いていたり



紫陽花と言えば学生時代の話し



初めて設計した住宅は



「紫陽花の家」という梅雨の長屋がコンセプトの住宅でした、何とも懐かしいです



夏至の日は一年の中で一番日が長いので



個人的にとてもテンションが上がってしまいます



特に近年は梅雨入りが遅かったり無かったりと



お天道様に恵まれる「夏至」も多く



朝夕の太陽の動きを興味津々に感じています



普段は日が当たらない場所も明るくなったり



日の差し込む角度がいつもと違ったりと



家の中でも散歩する気持ちで見て回ってます(^^)





そして2024年の6月21日(夏至)のお天気はというと、、、



なんとか夕方にお天道様も出てくれて虹も見る事ができました!



それも18時を過ぎていたので「夏至すげぇ」と感動しました



数日前にも虹を見てテンション上がりましたが、季節の風物詩でもありますね



その時の写真ですが3本連続した虹を見たのは初めてでした



実はこの写真の左側にも一本虹が掛かっていたので



4本同時はなかなか見れるものではないよなと、小さな幸せを感じていました



虹も紫陽花も梅雨時のお天気が優れない時期に



なんだか嬉しい気持ちにさせてくれる存在です





そんな大自然の息吹を感じた「夏至の1週間」でしたが



勉強会でも大自然の息吹(環境)を感じてきました(^^)



その名も



【自立循環型住宅研究会関東ゼミ2024第一回】

「空調の基礎を極める講座(基礎編)」

講師:ミライの住宅 森こうすけさん



岐阜県の鳳建設の森社長の講義です





自立研という2010年からある住宅の研究会ですが、私の参加は2021年から



正直、レベルが高く近寄り難い勉強会だったのですが



勇気を出し初参加の年から事例発表をさせていただきました



初年度の事例発表のタイトルが「真夏のアバンチュールが湿気を吹き飛ばす!?」と、



若干の黒歴史的なタイトルで挑戦し、毎年楽しんで参加しております



昨年2023年の発表時は森さんが講師として参加されており、的確な講評を頂けたりと



日々の業務に生かしたり、自邸の住環境をより良くしたりと



私にとって無くてはならない勉強会となっています



今回は最前列に陣取らせていただきました



勉強した内容を自分なりの解釈でさら~っとご案内しますね(^^)



(※皆様、お写真拝借しておりますm(__)m!)



【絶対湿度と比エンタルピーの「あれやこれ」】



①絶対湿度ってなんだ?


A.目に見えない水蒸気が空気に溶け込んでいる量

(これは、住宅事業者でしたらある程度説明できると思いますが)



②比エンタルピーってなんだ?


A.空気そのものが持つエネルギー量

(これは、住宅事業者でもなかなか説明が難しい)





【エアコンの実測と計算による「あれやこれ」】


●エアコンの除湿能力の計算方法


A.①エアコンの風量を立方体として考えると分かり易い

 ※面積(開口)×高さ(風速)=体積(風量)



 ②そして、出入口の絶対湿度差を体積に掛ける

  ※体積×絶対湿度の差=除湿された水の量



●比エンタルピー差からエアコン容量の計算


A.AC出入口の比エンタルピー差×風量=仕事量(kw)





【除湿量の計算内容を実施検証】



●計算で求めた除湿量は果たして本当か!?


A.本当でした


 ※奇しくも1時間運転させると3.6リットルの除湿量


  1394㎥h×2.6g=3624㎖/1時間

  1時間=60分×60秒=3600秒

  1秒あたり1㎖の除湿量でした!

  1分あたり60㎖はヤクルト1本です笑





排水管をみると、じょぼじょぼと出ていたので



出席者約50人分の呼気中と換気による空気中の水分がちゃんと排出されているのを目の当たりに(^^)笑





普通に講義すると計算問題でいっぱいになるコトが



さすが森さんです



東京とフランスの平均温湿度(月間)を比較したり



エアコンにより除湿される水量を実際に見たりと



ほんと分かり易くご説明頂けました!



「エンタルピーを体感として理解したいのですがどうしたらいいですか?」



その答えもバッチリ得ることができて



エンタルピーも簡単にグラフ化できるようになりました



あとは日々の実測と体感で身に付けていきます





これ以上お話すると少し専門的な内容になってしまいますのでブログを2部に分けておきます



少し後の投稿になりますが、ご興味ある方は覗いてみてください!



それではまた次回~(^^)/

閲覧数:68回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page